みんなのテント《エアードーム》

126,620円
  • 注目度・宣伝効果が上がる
  • 設営かんたん
  • 天幕は400D(デニール)のポリエステル
  • 脚(フレーム)は二重構造
  

集客とブランディングができるテント

 

公園に設置したエアードーム

 

インパクトのあるテントでイベントの注目度・宣伝効果が上がる!

 

スポーツ系のイベント、フリーマーケット、展示会や見本市(コンベンション)、展示販売会、音楽イベント、店頭でのキャンペーンなどなど。特に屋外でのイベントにはテントが欠かせません。

テントの一番の役割は「雨除け」「日除け」ですが、テントを華やかにすることで、イベントを楽しんでもらえるような雰囲気づくりにも貢献します。

独特のスタイルの みんなのテント《エアードーム》は、イベントのテーマを表現したり、ブランディングと世界観の統一を図るのに最もふさわしいテントです。

 

エアードームテントの名入れイメージ

 

迷わず、2分で準備できます

 

いくらテントで目立っても、専門の業者に設置を依頼しては予算が跳ね上がってしまいます。自分たち(素人)だけで設置できる簡単さがまず重要です。

またイベント当日は何かとバタバタします。「短い時間」で、準備でき、片付けられることも大切ですね。

 

空気を入れるだけのテント

 

エアーテントは、天幕を脚に付けて、空気を入れるだけで完成します。

  • 電動の空気入れなら(あくびをしながらでも)約2分
  • 手動空気入れでちょっと頑張れば約10分
  • 後片付けは、空気を抜いて折りたたむだけ。約5分

テントを立てるまでの手順を、具体的に見てみましょう。

 

設置方法

 

まず、脚を用意します。

広げる前に、地面に鋭利な物が落ちていないか、確認してください。
屋外で地面が汚れている場合は、ブルーシートを敷いてください。もしくは、きれいな場所で完成させてから、テントを移動させてください。

 

エアードームの脚

 

脚を四方向に広げます。

 

エアードームの脚を広げた状態

 

天幕

広げた脚の上に、天幕を重ねます。

 

脚の上に天幕を置いた状態

 

天幕と脚をファスナーで留めます。

*もし天幕を付けたままの状態(天幕を付けたまま収納可)からであれば、この作業は不要です。

 

天幕と脚をファスナーで接続

 

あとは、手動または電動(おすすめ)の空気入れで、空気を入れて完成。

 

テントの脚に空気を入れる

 

ここまでは女性一人でもできます。
ただし、テントを移動させる場合は、4人で4本の脚を持ってください(引きずらないでください)。

 

エアードームテントの完成

 

電動の空気入れを使ってテントを立てる様子です。

 

 

横幕

横幕(オプション)と天幕もファスナーで取り付け。簡単でスムーズですので、風向きや日が射す方向が変わったら、横幕の位置をすぐ変更でき便利です。

横幕は1台のテントに4枚まで取り付け可。また天幕と横幕の色を変えて変化をつけたり、プリントして広告スペース、ディスプレイに利用することもできます。

 

横幕は3種類。
<スタンダード>は一面を覆い、日除け、風除けになります。

 

エアードーム横幕スタンダード

 

<ウィンドウ>は小窓が付いて、テントの中がやや見えるように。

 

エアードーム横幕ウィンドウ

 

<エントランス>は中央をファスナーで開閉できるタイプです。

 

エアードーム横幕エントランス

 

連結幕

エアーテントを複数台並べて使われる場合、「連結幕」をおすすめします。連結幕はテントのどの面でも取り付け可能。

例えば3x3Mのテントを横に2つ並べれば、6x3Mに。4つのテントを横に2つ、縦に2台つつないで、6x6Mにすることもできます。

 

連結幕で2つのエアードームを連結

 

テント内部から見た連結幕

 

オーニング

テントにオーニングをつけると、よりお店の雰囲気が良くなります。

 

エアードームオーニング

 

 

サイズ・色・素材など

 

サイズ

3x3M、5x5Mの2種類。設置予定の場所に十分なスペースがあるか、ご確認ください。

 

サイズ 幅x奥行き 高さ(軒) 高さ(頂点) 重量
3M 3mx3m 1.9m 2.4m 12kg
5M 5mx5m 2.4m 3.3m 20kg

 

エアードームのサイズ

 

素材

天幕は400D(デニール)のポリエステル。防水、UVカット加工、防炎加工。(ただし、日本国内の防炎マークは取得しておりません)

 

車の横に設置したエアードーム

 

エアーフレーム

脚(フレーム)は二重構造で、空気はTPU(ポリウレタン)に入れます。(写真ではグレーのカバーの中に入っているので見えません)。

ポリウレタンは、(1)ゴムのようなしなやかな弾力性(2)硬質プラスチックのような強靭さという特徴があります。厚みは0.3mm。

このポリウレタンに(写真ではグレーの)レッグカバーを被せてあります。レッグカバーは250Dのポリエステル。

空気を入れた状態から徐々に空気は抜けますが、非常にゆっくりです。この状態で最大30日間、自立します。

 

エアードームの脚

「脚を引きずらないで」と言われても、その時に3人しかいなければ、引きずってしまいますよね・・。

そのため、脚の底(裏)は、PVCターポリンで補強してあります(補強済みですが、やはり引きずらないでください)。

 

脚の裏側

 

万が一の時は、脚の交換で対応

「脚は引きずらないで」と2回言われても、やはり引きずってしまって、運悪く鋭利な物が落ちていて、脚を破裂させてしまう可能性は(少ないですが)あります。

4本の脚はそれぞれ独立した脚が中央でまとめられているので、もし1本の脚が破裂してしまっても、交換可能です。

 

脚の連結パーツ

 

ファスナーが重要なパーツ

脚と天幕、天幕と横幕は全てファスナーで着脱します。ファスナーは非常に長い距離になり、固まったり、バカになったりしやすいので、地味ですが重要なパーツ。そのため、信頼のYKK製です。


色は基本色(黒・赤・白・青)と特色(緑・ピンク・黄)も。


上の写真では「緑」が伝わりにくいのですが、Pantoneの「3282U」です。また、ピンクは「213U」、黄色は「108C]となります。

エアドームの緑色

 

エアードーム価格

 

テント本体には脚、天幕、キャリーバッグ、ペグ、ロープが含まれます。また、色によって価格が異なります。

 

赤・黒・白・青


3M 5M
テント本体+天幕 126,620円/式 216,700円/式
横幕<スタンダード> 9,360円/枚 15,400円/枚
横幕<ウィンドウ> 10,920円/枚 20,020円/枚
横幕<エントランス> 10,920円/枚 20,020円/枚
連結幕 8,450円/枚 13,920円/枚
オーニング 32,500円/枚 43,780円/枚

ピンク・緑・黄


3M 5M
テント本体+天幕 146,620円/式 236,700円/式
横幕<スタンダード> 16,510円/枚 26,450円/枚
横幕<ウィンドウ> 18,020円/枚 31,070円/枚
横幕<エントランス> 18,020円/枚 31,070円/枚
連結幕

16,900円/枚

23,450円/枚
オーニング 38,350円/枚 55,230円/枚

エアードーム 使用例

 

屋外では風対策が必須

 

屋外での使用には、風対策が必須です。
テント本体には25cmのペグ(杭)8本と約4mのロープ8本付属。

 

ペグとロープ

  • ペグが刺せる地面(芝・土など)であれば、ペグとロープで固定します。
  • ペグが刺せない場合は、付属のロープを使って、お客様でご用意していただいた重し(砂袋など)につなぐか、
  • エアードーム専用の重し(オプション)を脚につけます。
エアドーム専用重り

エアードーム専用の重しは、ドーナツ型で水を入れるタイプと砂を入れるタイプの2種類。1個で約10kgの重りに。(砂・水は入っておりません)

 

脚に接続したエアドーム専用重り

 



3M 5M
専用重しバッグ《砂用》 8,200円/4個 10,900円/4個
専用重しバッグ《水用》 16,640円/4個 22,880円/4個
ペグ8本、ロープ8本 無料

 

空気入れ

 

空気入れは手動タイプと電動タイプの2種類。
家庭用プール用の空気入れなどでも代用可能です。

手動タイプはダブルアクション(押す時も引く時も空気が入る)タイプで、想像より早く入ります。
テントを複数設置される場合は、電動がおすすめ。イベント会場での電源の確認と延長ケーブルが必要です。

 

エアドーム空気入れ

 


手動空気入れ 10分/テント 2,080円/個
電動空気入れ 2分/テント 6,610円/個

 

 

プリントについて

 

大きな看板としてもお使いいただきたいテントです。ロゴやキャッチコピー、メッセージをプリントして、人の注目を集め、人が集まってきたくなるような雰囲気を作りましょう。

 

横幕プリント

 


プリント方法

白黒、もしくはフルカラーで印刷したカッティングシートを熱圧着します。

 

テント生地とカッティングシートの質感


プリントの大きさ

幅100cm、高さ15cm(もしくは幅*高さが0.15平米以内)の枠を基本として考えます。

下記は、天幕と横幕とも2枠づつ、計4枠使用した例です。

もし「ENJOY TODAY」「ボランティア受付」を天幕の4方向にプリントされる場合は、8枠(2枠*4か所)となります。

かっこよく目立たせるためには、1か所につき2枠以上の大きさがおすすめです。

 

1箇所につき2枠を使用しプリントした例

 

プリント価格

白・黒 4,800円/枠
フルカラー 6,800円/枠

 

名入れの詳細

テント名入れについての詳細は、下記PDFファイルでご確認ください。

エアードーム名入れについて.pdf

 

 

エアードームテントの注文方法

【ステップ1】

テントのサイズと色を指定してください。

エアードームテント注文方法

【ステップ2】

名入れをご希望の場合は、名入れ枠数を選択してください。

エアードームテント注文方法

【ステップ3】

白黒で作成するものは、白黒の名入れ枠数を選択してください。
白黒は白色、もしくは黒色で作成するものになります。1枠に白と黒が混在するロゴや文字は、カラーになります。

エアードームテント注文方法

【ステップ4】

カラーで作成するものは、カラー作成枠を選択しカートに追加してください。

エアードームテント注文方法

【ステップ5】

カートの中を確認してください。追加する場合は、「+」ボタンをクリックし数量を変更して下さい。本体数量を変更すると自動で名入れ数量も変更されます。

エアードームテント注文方法

【ステップ6】

ご注文完了後、名入れ原稿をデータ入稿フォームもしくはFAXにて送付してください。

 

データ入稿フォームへ

 

FAX用紙ダウンロード

 

 

ご注文後の流れ

 

ご注文の流れ

 

 

納期

 

「ご注文」または「プリントデータ確定」から3-4週間での発送となります。5台以上の場合は別途お問合せください。

 

活用事例

 

インスタをお借りして、海外の活用事例を紹介します。

 

エアードームおすすめの理由

 

  • 空気を入れるだけで自立
  • 軽量で丈夫
  • 屋内・屋外のイベントで利用可
  • 砂の上、雪の上など不安定な場所でも利用可
  • アリーナやショッピングモール、展示会場の床面を傷つけない
  • 形が目を引くのでブランディング、マーケティング重視のイベント向き
  • ロゴやキャンペーンメッセージなど、フルカラープリント可能
  • 天幕(ディスプレイ)のみ交換可能
  • テントは連結(拡張)可能
  • 天幕は400D(デニール)のポリエステル。防水、UVカット加工、防炎加工(日本国内認定マークなし)
  • エアーフレーム(脚)は柔軟で強度のあるTPU(ポリウレタン)
  • もしも、エアーフレーム(脚)が破損してしまった場合は、全体ではなく1本の交換で対応可
  • YKKファスナーでトラブル防止

 

価格のまとめ

 

赤・黒・白・青


3M 5M
テント本体+天幕 126,620円/式 216,700円/式
横幕<スタンダード> 9,360円/枚 15,400円/枚
横幕<ウィンドウ> 10,920円/枚 20,020円/枚
横幕<エントランス> 10,920円/枚 20,020円/枚
連結幕 8,450円/枚 13,920円/枚
オーニング 32,500円/枚 43,780円/枚

ピンク・緑・黄


3M 5M
テント本体+天幕 146,620円/式 236,700円/式
横幕<スタンダード> 16,510円/枚 26,450円/枚
横幕<ウィンドウ> 18,020円/枚 31,070円/枚
横幕<エントランス> 18,020円/枚 31,070円/枚
連結幕

16,900円/枚

23,450円/枚
オーニング 38,350円/枚 55,230円/枚

その他


3M 5M
専用重しバッグ《砂用》 8,200円/4個 10,900円/4個
専用重しバッグ《水用》 16,640円/4個 22,880円/4個
ペグ8本、ロープ8本 無料
プリント(白・黒) 4,800円/枠
プリント(フルカラー) 6,800円/枠
手動空気入れ 2,080円/個
電動空気入れ 6,160円/個

 

送料

大型L

お届け先 1台 2台以上1台毎
本州・四国・九州 1,200円 +1,200円
北海道 2,800円 +2,800円
沖縄・離島 6,200円 +6,200円

 

 

納期

  • 「ご注文」または「プリントデータ確定」から約3週間での発送

 

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
たいら耳鼻咽喉科クリニック
イメージ通り

簡便に設営できるテントを探していました。イメージ通りでした。