トレーニングポール

17,800円

まとめ買いがお得 

5以上 5% OFF
最短翌営業日に発送
  

こんな素晴らしい環境でトレーニングできるなんて、うらやましいですw

 

トレーニングポールを使った練習風景

 

トレーニングポール

 

「それってサッカー?」

Better Soccer, More Funという刺激的で興味深い本があります。表紙のデザインは冴えませんが・・・

「サッカーはサッカーで上手くなる」というオランダのジュニア〜ユース育成ビジョンを米国で発展させようとしている内容です。

 

Better Soccer, More Fun

 

ここで紹介するにはスペースが全く足りないのですが、主旨は「全ての練習をサッカーのゲームに近い形にしよう」ということだと思います。

例えば、伝統的な(?)ドリブルや壁パス、コンビネーションからのシュート練習も「それってサッカー?」と言われてしまうドリルです。同サイトでは、ポールを使って次のようなシュート練習を薦めています。

図1はシュートゲームです。
3人(または2人)一組になって、別の組と対戦する形で行います(カテゴリーに応じて、「ゴール」の幅とグリッドの大きさを調整してください)

 

トレーニングポールを使った練習


①白1が相手のシュートをキャッチするのを見て、②白3はパスをもらうために動き出す。③白1は白3にパス。④パスを受けた白3はラインより前でシュート

*キーパーはゴールライン上に立つ
*全員がシュートするように
*予備のボールを用意しておく

 

この練習の特徴、ポイントは次の通りです。

  • 列に並んでいる時間がない
  • また「球拾い」の時間も少なく、その分一人当たりのシュート数も増える
  • ボールをもらうための動き出しのタイミング
  • ボールをもらうときの体勢、体の向きを意識
  • どんなパスが欲しいのか、動きながら伝える
  • ファーストタッチの質が重要
  • シュートは相手ゴール(キーパーが3人いる)をよく見る
  • フィールドプレーヤーのキーパー練習

バリエーションも色々紹介されています。
図2は図1を少し複雑にしたものです。

 

トレーニングポールを使った練習


パスを受けた白3が、走りこんできた白2にパス。白2がシュート。これでワンプレーで全員が参加することになります。

ゴールまでの距離を遠くし、キーパーは手ではなく、トラップするようにしてもいいかもしれません。

また、横幅を広くとって、センタリングからのシュートをテーマにすることもできます。

図3のヘディングゲームも面白いです。

 

トレーニングポールを使った練習

 

相手のヘディングシュートをキャッチした白1は、走りこんでいる白2に手でパス。白2はヘディング・シュート。
シュートが終わると攻守交替。白チームはすぐゴールラインまで戻ってキーパーに。

キャッチした白1はボールを持って移動してもよく、白2が色々な角度(横、斜め前、斜め後ろ、後ろ)から、ヘディングできるように、二人でコミュニケーション(動きながらの意思表示)を取りながらプレーします。

日本代表など、トップチームの試合前のアップによく使われてますね。ポールでトレーニングしているのを何度かテレビで見かけました。

 

トレーニングポールはゴールとしても

 

トレーニングポールは、スラロームドリブルやサーキットトレーニングだけでなく、ゴールとしても使っていただきたいアイテムです。

ポールの素材は硬質プラスチック。直径は25mm。ボールが当たって割れることはありません。

 

トレーニングポールをゴールとして使う

 

 

3サイズで使えてとってもお得

 

ポールは100センチと60センチがそれぞれ12本。

 

トレーニングポールのサイズ

 

100センチと60センチはつなげて160センチに。

 

トレーニングポールの接続部分

 

そのため、使用目的、選手の年齢に応じて3つのサイズ(高さ)を使い分けることができます。

 

トレーニングポールの高さ

 

ベースについて

ポールを固定するベースは底辺の直径が20センチ、高さ12センチのドーム型。屋内屋外で使用可。

ベース裏面のキャップを開け、この中に砂を入れて重りとし、安定させます。

 

トレーニングポールベースの裏面
トレーニングポールのベース


ポール収納キャリーバッグ付き

トレーニングポールの収納キャリーバッグ

 

バッグに収納されたトレーニングポール

 

あると便利!ベース用バッグ(別売り)

ベースはドーム型で、収まりが悪く、かさばります。そのため、練習会場の移動が多い場合はベースを入れるバッグがあると便利(同じ会場でしか使わない場合は不要)。

ベース用バッグには、ベースが12個入って、まだ余裕があります。1個1,600円です。

 

コーチバッグに収納したベース

 

ポールクリップがあると「バー」も簡単

 

別売りの「ポールクリップ」で、写真のようなハードルにもなる「バー」を作ることができます。

 

ポールクリップでバーを連結
ポールクリップの接続部分

 

ポールクリップは8個で1セット。1,370円です。

送料

通常L

お届け先 何個でも一律
本州・四国・九州 1,200円
北海道 2,200円
沖縄・離島 4,200円

 

 

納期

  • (最短) 翌営業日に発送
  • (通常)2営業日以内に発送