ジャンプボックス

29,800円
  

ジャンプボックスで爆発的なパワーとスピードを獲得する

ジャンプボックスでプライオメトリクストレーニング

 

ジャンプボックスとは

ジャンプボックスとは、プライオメトリックトレーニングの定番、デプスジャンプを行うための、ジャンプ台です。

「プライオメトリック」とは何でしょうか?

 

ジャンプ台に立つ男性

 

プライオメトリックトレーニングとは、 「『バネのような筋肉』 『釣り竿のようなしなやかな筋力』を手に入れるためのトレーニング」 です。

例えば、ボールを持って走るラグビーの選手を想像してみてください。
トップスピードで走りながら相手選手の動きを見て、急激にスピードを落とし、方向転換します。

タックルで相手を止めようとするディフェンス。

ラグビー選手

 

このタックルに態勢を崩しながらも、倒れず、振り切って、さらに前進するための動きとパワーを手に入れることが、プライオメトリクストレーニングの目的です。

さらに、陸上競技でみてみましょう。

陸上競技ではスプリントのドライブ姿勢、ハードルの踏切や着地、跳躍の踏切、投てきのデリバリー(地面の反力を身体の各部の連動から投てき物に伝える局面)など、多くの技術的な局面で爆発的なパワーが必要です。
(出典: ベースボールマガジン社「ボディコントロール 」 小林敬和 )

 

ジャンプボックスを使ったトレーニング方法

ジャンプボックスを使ったトレーニングを5種類紹介します。まずは、プライオメトリクスの代名詞とも言える「デプスジャンプ」から。

 

デプスジャンプ

  • プライオボックスの上に立ち、足を踏み出す(上にジャンプして飛び降りない)
  • 両足で着地する
  • 着地のタイミングを予想し、できるだけ早くジャンプする
  • 両足が地面に着いてる時間をできるだけ短く
  • 着地した時に身体が静止しないように

デプスジャンプにより、着地したエネルギーを筋力に蓄え、筋力をパワーに変換できるようになります。

ジャンプボックスでデプスジャンプ

ドロップ・アンド・フリーズ

  • 片足をボックスの上端におき
  • 踏み出して落ちる
  • 着地した状態をキープ
ジャンプボックスでドロップ・アンド・フリーズ

ジャンプ・トゥ・ボックス

  • 両足を肩幅に開き
  • 少しかがんで
  • 腕の振りを使ってジャンプ
ジャンプボックスでジャンプ・トゥ・ボックス

デプスジャンプ・180°ターン

  • デプスジャンプで着地した後
  • すぐにジャンプして空中で180°ターン
  • 再度両足で着地する
  • さらにジャンプしてボックスの上へ
  • 地面に接地する時間をできるだけ短くする
ジャンプボックスでデプスジャンプ・180°ターン

デプスジャンプ・アンド・ロングジャンプ

  • デプスジャンプで着地した後
  • すぐにできるだけ前方遠くにジャンプして着地する
ジャンプボックスでデプスジャンプ・アンド・ロングジャンプ

デプスジャンプで得られる効果・メリット

  • 下半身の筋肉の強化(上半身のプライオメトリックトレーニングはソフトメディシンボールをおすすめします)
  • 特に大腿四頭筋、ハムストリング、ふくらはぎの筋力アップになります
  • ジャンプ力を強化します
  • バネのあるしなやかな筋肉をつくります
爆発的パワーを養成するプライオメトリクスがある。爆発的パワーは、陸上競技はもとより、バスケットボール、バレーボール、サッカー、ラグビー、テニス、野球など、ほとんどのスポーツで必要不可欠とされる。
(出典: 「爆発的パワー養成 プライオメトリクス 」 J.C. ラドクリフ )

 

ジャンプボックストレーニングの注意点

  • 非常に強度の強いトレーニングですので、入念にウォームアップしましょう。
  • トレーニング中は背筋を伸ばすことを心がけます
  • ジャンプする時は顔を上げ、真っすぐ前を見ます
  • トレーニングは週2回までとしてください

 

ジャンプボックストレーニングの3つのポイント

 

伸張速度のコントロール

筋の伸張速度が速いほど発揮される張力が大きくなります。予備的な踏み込み動作を素早くして、弾性エネルギーを上手く蓄えます。

 

姿勢と動作のバランス

正確な着地後に爆発力を発揮し、よい方向へ伝達することが必要。そのためボディバランスが大きなウエイトを占めます。

 

瞬間的な動作のタイミング

動作の減速や加速を可能な限り短時間で行うため、腕のふりも最大限利用し、動作のタイミングを取ります。
(参考: ベースボールマガジン社「ボディコントロール 」 小林敬和 )

 

ジャンプボックスの素材・サイズ

基本の高さは45センチ。

ジャンプボックスの45cmパーツ

15センチを足して60センチに。

重量は45センチが7kg、15センチ3.5kg。

ジャンプボックスの15cmパーツ

幅90センチ、奥行き75センチ。

ジャンプボックス全体のサイズ

 

15センチと45センチはマジックテープで固定します(ジャンプして飛び乗ってもズレません)。

固定マジックテープのアップ

 

  • ボックスの表面(黒色)はPVC(塩ビ)
  • ボックスの中はEPE(発泡ポリエチレン)
  • ソフトタイプ(ジャンプして飛び乗った際に、若干沈む程度)
  • ジャンプに失敗して脛をぶつけても、痛くありません

送料

大型L

お届け先 1台 2台以上1台毎
本州・四国・九州 1,200円 +1,200円
北海道 2,800円 +2,800円
沖縄・離島 6,200円 +6,200円

 

 

納期

  • (最短) 翌営業日に発送
  • (通常)2営業日以内に発送